静かにしろ、美しい声よ!黙っていてくれ、君だけが僕の心をかき乱すのだから。片想いの言葉

スポンサーリンク

(1)

恋の悩みほど甘いものはなく、

恋の嘆きほど楽しいものはなく、

恋の苦しみほど嬉しいものはなく、

恋に苦しむほど幸福なことはない。

(2)

片想いの始まりって

相手の行動は

自分をその気にさせるつもりじゃないのに

心を射抜かれてなびいてしまう。

(3)

ヤキモチの答え、

それはその人が好きだから。

(4)

女心も男心もそんなもん解らなくていいんだよ。

好きになった人の心だけ解ればいいの。

本当に好きになるとね、それがよく解る。

(5)

人はしばしば恋に欺かれ、

恋に傷つき、不幸にもなる、

それでも人に恋するのだ。

(6)

想っているだけで何もしないんじゃな、

愛してないのと同じなんだよ。

愛してるんだったら、態度で示せよ。

(7)

静かにしろ、美しい声よ!

黙っていてくれ、

君だけが僕の心をかき乱すのだから。

(8)

“好きでいなきゃ”

と思ったら恋の終わり。

”好きになっちゃいけない”

と思ったら恋のはじまり。

(9)

遠くなる程よく見えるのに

近くなるほど見失うんだよね。

スポンサーリンク

(10)

たとえ片想いのまま終わろうと、

その人は他人の気持ちを解ろうとすることが

どんなに大切かという土産を心に残してくれる。

(11)

確かに、

いくら努力しても叶わない恋や夢はありますけど。

でも、努力しなくちゃ、

実る恋も実らないし、

叶う夢も叶いませんよ。

(12)

愛することは、

命がけ。

甘いとは思わない。

(13)

恋とは甘い花のようなものである。

それを摘むには、

恐ろしい断崖の端まで行く勇気がなければならない。

(14)

恋のチャンスは、

熟れている時にもがなければならない果物のようだ。

一度地に落ちたら二度とチャンスはないだろう。

(15)

自分に欠点があるように、

相手にも欠点がある。

傷つくことを恐れず、当たって砕けろ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存