「希望」は良き朝食となり得るが、ディナーに出すには遅すぎる。小説家 パウロ・コエーリョの言葉

スポンサーリンク

(1)

人生の戦いはすべて、

僕たちに何かを教えてくれる、

敗北でさえもそうなのだ。

(2)

夢の実現を不可能にするものが、

たった一つだけある。

それは失敗するのではないか

という恐れだ。

(3)

船は港にいる時、

最も安全であるが、

それは船が作られた目的ではない。

(4)

傷つくのを恐れることは、

実際に傷つくよりもつらいものだと、

おまえの心に言ってやるがよい。

(5)

完全に間違っているものなんて

世の中には存在しない。

止まった時計ですら

1日に2回は正しい時間を指すんだから。

(6)

神様は誰にでも

行く道を用意していて下さるものだ。

神様がおまえのために残してくれた前兆を、

読んでゆくだけでいいのだ。

(7)

勇敢であれ。

危険を冒せ。

経験に代わるものは何もない。

(8)

ある日、君は目覚め、

何かを成し遂げるには

遅すぎたと気づくだろう。

だから、今やろう!

(9)

花を所有しようとする者は、

花が萎んでいく姿を目撃することになる。

だが、野に咲く花を見ているだけの者は

いつまでも花と一緒にいることができる。

あなたが私のものには決して

ならないからこそ、

私はあなたといつまでも

一緒にいることができるんだ。

スポンサーリンク

(10)

一つだけ忘れないで欲しい。

あなた方はみんな、

自分で思っているよりも、

ずっとすばらしいということを。

(11)

一度起こったことは

もう二度と起こらないかもしれない。

ただし、

二度起こったことは必ず三度起こる。

(12)

何をしていようとも、

この地上のすべての人は、

世界の歴史の中で中心的な役割を演じている。

そして、普通はそれを知らないのだ。

(13)

「希望」は

良き朝食となり得るが、

ディナーに出すには遅すぎる。

(14)

失敗を恐れることは、

失敗することより悪い。

(15)

人は自分の運命を

操ることができないという

「最大の嘘」を信じてはならない。

運命は自分で決められる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存