娘よ、元気出して

スポンサーリンク

今春、

女子大の薬学部に進学した娘の入学式に出席した。

駅から大学までの歩道に、

学生が花道を作り、サークル勧誘のビラを配っていた。

多くは近くの国立大の男子だった。

「誰もくれなかった。

(可愛い子だけ)見極めているからと

男の子たちが言っていた」

と娘が言った。

よく観察すると、

帰りは反対側の道を通ったのに、

娘の頭越しに、後ろの子に渡していた。

娘は最初は怒っていたが、

帰りの電車の中では、涙を流していた。

娘は地味な子だ。

中2の時に、男子にからかわれ、

容姿に自信をなくした。

高校では、おしゃれなチェックのスカートを

はいたりして努力していた。

だが、

高2で突然、おしゃれをやめた。

笑顔が消えた。

でもこの日は、心機一転、

生まれて初めて薄くメイクもして臨んだのに…。

娘はいつも

「男子はきらい」と言う。

私は娘に

「男の子を理解できる度量を持てればいいのに」

と思っていた。

だが

「こういう風に傷ついてきたんだ」と

はっとして、私も心が痛んだ。

でも娘よ。

目標に向かって努力できる才能を認めてくれる

友だちをつくって、

笑顔で大学生活を送ってね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存