逃げろ

スポンサーリンク

自分がどんなにひどくいじめられているか、

周りにアピールしましょう。

思いきって、「遺書」を書き、

台所のテーブルにおいて、外出しましょう。

学校に行かず、1日ブラブラして、

大人に心配をかけましょう。

そして、死にきれなかったと家にもどるのです。

それでも、

あなたの親があなたを無視するのなら、

学校あてに送りましょう。

あなたをいじめている人の名前と、あなたの名前を書いて送るのです。

はずかしがることはありません。

その学校から、ちゃんと逃げるために、

「遺書」を送るのです。

死んでも、安らぎはありません。

死んでも、いじめたやつらは、絶対に反省しません。

あなたは、「遺書」を書くことで、

死なないで逃げるのです。

だいじょうぶ。

この世の中は、あなたが思うより、ずっと広いのです。

あなたが安心して生活できる場所が、

ぜったいにあります。

それは、小さな村か南の島かもしれませんが、

きっとあります。

僕は、

南の島でなんとか生きのびた小学生を何人も見てきました。

どうか、勇気を持って逃げてください。

― 鴻上尚史(劇作家, 1958 -)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存