いつも不幸せな人々の7つの習慣

スポンサーリンク

(1)

不幸せな人々は、

自分自身を人生の犠牲者だと考え、

被害者意識を持って生きている。

(2)

ほとんどの人間を

信用できないと考えている。

こうした態度は少しずつ

新しい友人と出会うチャンスを台無しにしてしまう。

(3)

世の中の間違っていることの方ばかり考えている。

自分が被害を受けるのではないかという恐れから、

素晴らしいことに向けるべき視点を閉ざしてしまう。

スポンサーリンク

(4)

自分を他人と比べて嫉妬心を持っている。

(5)

すべての結果を事細かに管理して、

支配しようとしてしまう。

計画が思い通りに進まなかった時に

プランBを持っていない。

(6)

未来は不安に満ちていると考えている。

悪い方へ進むという考えに支配され、

恐怖の渦に巻き込まれ、

現実になってしまう。

(7)

過去に生き、

自分の身に何が起こったか、

人生の厳しさばかりが、話題の中心。

私たちは完璧でありません。

誰もが一度はつらく悲しい状況に

どっぷりと浸かってしまうものです。

しかし、

問題はどれだけ早く

そこから抜け出すために頑張れるかなのです。

全てを完璧に行うということではありません。

前進し、つまずき、もう一度立ち上がる。

その繰り返しなのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存