お釈迦様の言葉

スポンサーリンク

お釈迦様は

 

「この世は苦だ」とおっしゃいました。

 

お釈迦様は

 

国が戦争するのも、

 

自分の国が滅ぼされるのも見ました。

 

人間の嫌なところを見て、

 

自分が可愛がっていた弟子が

 

どんどん死んで

 

孤独を味わいました。

 

それでも、

 

最後の遊行の旅に出られたとき

 

「この世は美しい。

 

人の命は甘美なるものだ」と

 

おっしゃいました。

 

この世に対する全肯定、

 

人に対する全肯定です。

 

お釈迦様が

 

こうおっしゃったのだから、

 

この世は美しく、

 

人の命は甘美なのだと私は信じます。

 

私たちはもっと

 

もっと楽観的に生きていい。

 

私はそう思っています。

 

瀬戸内寂聴(せとうち じゃくちょう、1922年〈大正11年〉5月15日 – 2021年〈令和3年〉11月9日)、日本の小説家、天台宗の尼僧。俗名:晴美(はるみ)。僧位は権大僧正。1997年文化功労者、2006年文化勲章。位階は従三位。元天台寺住職、同名誉住職。元比叡山延暦寺禅光坊住職。元敦賀短期大学(当時は敦賀女子短期大学)学長。徳島市名誉市民、京都市名誉市民、二戸市名誉市民。

 


 

朝日新聞出版
¥825 (2024/01/21 15:37時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存