進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む。福沢諭吉が残した言葉

スポンサーリンク

(1)

もし他人の仕事に不満だったら、

自分でその仕事を試みてみたまえ。

他人の商売のやり方がまずいと思ったら、

自分でその商売をやってみたまえ。

隣家の生活がずさんに思えたら、

自分の家で試してみたまえ。

(2)

人たるものは、

他人の権利の妨げさえしなければ、

自由に行動すべきで、

他人の利害に関係せぬ以上は、

はたからあれこれ口を出されるいわれはない。

(3)

水があまりに清ければ、

魚は棲めない。

人は知的であり過ぎれば、

友を得るのが難しい。

友人を受け入れるには、

度量が広く、

多少ぼんやりとしているところも

あったほうがいい。

(4)

自由と我儘(わがまま)との界は、

他人の妨げをなすとなさざるとの間にあり。

(5)

人は、生まれながらに、

貴賤貧富の別なし。

ただ、

良く学ぶ者は、

貴人となり、富人となり、

そして、

無学なる者は、

貧人となり、下人となる。

(6)

進まざる者は必ず退き、

退かざる者は必ず進む。

(7)

やってもみないで、

「事の成否」を疑うな。

(8)

自分の考えだけで、

他人を評価してはならない。

(9)

あまり人生を重く見ず

捨て身になって

何事も一心になすべし。

スポンサーリンク

(10)

人生、万事、小児の戯れ。

(11)

金銭は独立の基本なり。

これを卑しむべからず。

(12)

苦は楽の種で、

楽は苦の前兆である。

(13)

本日喜びの中にありながら、

いつか悲しむ時のあることを

忘れてはなりません。

(14)

自由を得た結果、

不自由を感じている。

天は人の上に人を造らず、

人の下に人を造らず。

(15)

今日も生涯の一日なり。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存